なーママふわ∞ポム日記

なーママふわ∞ポム日記

~KinKi Kids・嵐・関ジャニ∞を通じたあれこれをふわふわと綴るブログ~

安田章大さん、34歳のお誕生日おめでとうございます!

安田章大さん、34歳のお誕生日おめでとうございます。

 

まず。

札幌と比べると安田さんが動けるようになったと言われています。

が、

どうか無理はしないで。

いや、違いますね。

無理をし「すぎ」ないで。

未来の自分とメンバーとファンのためにね。

お願いしますね。

絶対ですよ。

 

今振り返ると、安田さんの32~33歳は激動と激変でしたね。

共演者にすら知らされていなかった頭の手術。

おそらく術後まもなく練習を開始し、全身全霊で臨んだ舞台『俺節』。

直後からスタートしたツアー。

一部のeighterさんは、テレビにあまり出演しない時期のあった安田さんに、

「ヤスはどうした?」「いつになったら出てくる?」

とヤキモキしていましたね。

 

ツアーが終わり、

SONGS OF TOKYOの収録があり、

年末年始の音楽番組ラッシュの最後に紅白があり、

ツアー円盤の特典でヤスダーイリュージョンが生まれ、

私たちはいつもいつも音楽を聴き、おなかを抱えて笑わせてもらい、元気をもらっています。

 

そして転倒。

打ち所が悪かったのですよね。

きっと、

ギターを弾くこと、踊ること、歌うことを一時的に奪われてしまったんでしょうね。

でも、そこで見えたもの・感じたもの・経験したことがあるんですよね。

いつか、少しだけでも私たちに見せてくださいね。

たとえそれがネガティブで負の感情でアイドルらしからぬものであったとしても。

待ってますね。

 

以前特番で放送された『関ジャニ特命捜査班7係』で安田さんがキャシー中島さんのところに行ったとき、キャシーさんから『ホヌ安田』と命名されていましたよね。

この放送の時、割と「ホヌってwww」みたいな反応がネット上に多かったように記憶していますけど、

私は安田さんをピッタリ表しているなぁと思っています。

 

皆さんご存じのとおり、

ハワイ語で『ホヌ』とはウミガメのこと。

ハワイでウミガメは神聖な生き物とされ、

「幸運・幸福の象徴」「海・家族の守り神」として崇められてきました。

  

ふわぁっとしてメンバーやファンを温かい気持ちにさせたかと思えば、

まるで別人のような顔でギターを奏で、魂を込めて歌う。

渋谷すばるという関ジャニ∞の音楽のシンボルがいなくなっても、

関ジャニ∞の音楽」がそこに確かに存在するのは、

やはり安田さんが守っているものが大きいような、そんな気がしています。

 

大好きな海でダイビングをすることは、当面、いや未来も難しいのかもしれない。

だけど、

安田さん、あなたは『ホヌ』のように、

時にはのんびり陸で甲羅干しをしてもいいし、

浅瀬で近くの人を楽しませるのもいい。

『ホヌ』が自由気ままに過ごしているのを、

ハワイで人間がホヌに近づくことを禁止されているように、

私たちファンにも遠くから眺めさせてください。

それだけで私たちは癒されるのだから。

だから、

バラエティーの収録も無理しちゃダメですよ。

ホヌのように、ゆっくり、ゆっくり、進んでくださいね。

 

34歳の安田章大さんが、怪我や病気と無縁で過ごすことができるよう祈っています。