なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

安田章大さん、33歳のお誕生日おめでとうございます

安田章大さん、33歳のお誕生日おめでとうございます。

ここからは、32歳の安田さんを私の独断と偏見で勝手に振り返ります。

アニメ・モンハン試写会

私が初めて画面を通さない生の安田さんを見たのは、アニメ・モンハン試写会。

安田さんが32歳になって約半月後の頃です。

もちろん他のメンバーもこのとき初めて直接見たので、その興奮はこれまで経験したことのないものでしたが、特に安田さんは写真撮影時や退場時の観客への心配りがとても素晴らしく、キラキラしたアイドルというだけでなく、きちんとした等身大の32歳社会人男性だな、とも思いました。それまで私の中で勝手に作られたアイドルへの偏見を完全に覆し、関ジャニ∞というグループから目が離せなくなった根本となったような気がします。

舞台『俺節

私は幸運にも舞台『俺節』を二度観劇する機会に恵まれました。初回は東京公演が始まってまもなくのとき、2度目は東京公演がまもなく終わりを迎える時期でした。初回は2階席の後ろから2列目、2度目は2階席の最後列という決して恵まれた席ではありませんでしたが、この2度の観劇を通じ私は安田さんから「心血を注ぐ」という言葉の本当の意味を教えられたように思います。

おそらく安田さんのもとには、既にお芝居の仕事のオファーが入ってきているでしょう。もしかしたら既に動いているものもあるかもしれません。そんな、安田さんの代表作の一つとなった作品を観られたことは私の財産です。

関ジャニ'sエイターテインメント ジャム 大阪公演

私が夏ツアー大阪最終日に安田さんを見た最初の印象は、

「あ…海鹿耕治だ…」

でした。

 

ここからは私の主観ですのでご了承ください。

 

舞台『俺節』は、主人公のコージ(海鹿耕治)とテレサが物理的に引き離されたところで終わっています。

しかし、原作はその後も続き、むしろその後の方が長いです。

コージは金銭的理由で、テレサは法的理由で会うことができず、コージはデビューという結果を勝ち得てテレサを迎えに行くことを目標に様々な困難と対峙していきます。とはいえ、コージもテレサも人間ですから、コージには売れない自分を献身的に支える同年代の女性ファン、テレサには自分の過去を全て知ったうえで求婚してくれる同郷の男性が、それぞれ出現し、コージもテレサも相手への気持ちを諦めようとするのですが、そこを撥ね退け、デビュー曲を披露する小さな舞台の会場にテレサが駆けつけたところで原作は終わります。

この、最後の場面の海鹿耕治の容姿に、大阪公演の安田さんはとても似ていました。演歌歌手を夢見て上京したときから2年経った最終回の海鹿耕治の髪は遥かに伸びていて、それが舞台が始まった時より伸びた安田さんの髪の長さとほぼ同じに見えました。また、海鹿耕治を演じきった安田さんの顔は、デビューという目標を成し遂げた海鹿耕治の顔つきとどことなく重なって見え、私には『海鹿耕治』の魂が、京セラドームに立ってギターを奏でる安田さんに宿ったかのように見えたのです。

SNSから遠ざかった理由

公演後、ネタバレを避けしばらく断っていたSNSを見ると、安田さんの髪型に否定的な意見が並んでいました。

私が大阪公演で感じたのはただの私の思い込みで、安田さんとしては単に舞台中に髪が伸びたのでこれまでやったことのない髪型をやってみようと思っただけなのだろうとは思います。ですが私は、自分が直接目で見て感じた印象のままでいたいな、と思い、それだけが理由ではないのですが、しばらくSNSから遠ざかりました。不義理なことをし、大変申し訳ありません。

33歳の安田さんが楽しみ

32歳は、音楽にお芝居にと様々なエンターテインメントを魅せてくれた安田さん。

33歳の安田さんに一つだけお願いがあるとすれば、

みるみる痩せて心配させないでください。

でしょうか。

10月からのペコジャニでは、美味しそうに食べる安田さんをたくさん見られるといいですね(まだ一度も見られてないし)

33歳の安田さんも応援しています。