なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

関ジャニ∞の地元公演に初参加して(ネタバレなし)

2017年夏。

私は『関ジャニ'sエイターテインメント ジャム』で初めて大阪公演に参加しました。

大阪は関ジャニ∞のホーム。かつ、京セラドームは関ジャニ∞のドームツアー最終公演地となることが多く、これまで頻繁に映像化されてきた場所。

そんな関ジャニ∞にとって一際思い入れのある公演地ですが、東京公演にも大阪から参加されている方が多いだろうし、そこまで違いはないと私は思っていました。

ところが、実際に参加して、東京と大阪には想像以上の違いがありました。

あくまで一意見ですが、お読みいただけると嬉しいです。

 

※ツアー内容には触れていませんが、会場の雰囲気すら知りたくないという方はご注意ください※

 

今回私は大阪最終(日曜)の公演に参加しました。

真夏の公演に子どもエイターの娘と参加するので、グッズは前日に買っておいた方が安心。そこで、前日の土曜に私一人でグッズ購入へ行きました。

到着したのはおよそ開演1時間前。ドーム前はたくさんのエイターさんで溢れていました。

そんなたくさんのエイターさんを見て、私は東京との違いを見つけました。

【その1】男エイターの数

 前回の『関ジャニ'sエイターテインメント』冬ツアーで、私は平日2公演に参加しました。一方、今回はグッズ購入も参加公演も週末でした。ですので、前回と今回は、平日と週末という大きな違いがあり、単純に比較すべきでないかもしれません。

しかし、私がこれまで映像で見て想像していた人数とは比較にならないほど多くの男性エイターを、土曜の物販周辺だけでなく、日曜のドーム内で私の座席周辺でもたくさん見かけました。そして、帰りの電車の車内でも。その数は、私が昨年12月に参加したKinKi Kidsのドーム公演と近かった印象です。

但し、年齢層は違います。関ジャニ∞は20~30代男性がとても多く、加えてツアーTシャツを着ている男性がとても多いと感じました。家族やカップルでお揃いコーデをしているのは素敵だな~と羨ましく見ていました。

【その2】子どもエイターの数

これは、私が参加した前回の平日の東京公演の数とは圧倒的に桁が違いました。

特に、子どもの年齢。幼児~小学低学年の子どもエイターは性別問わずたくさんいました。そして、乳児連れのエイターさんが何人もいらっしゃいましたし、小学高学年~中学生の男の子も決して少なくありませんでした。

これだけの数の子どもエイターがいるなら、関西の園や学校では「昨日関ジャニ∞のコンサート行ってきてん!」「えー!めっちゃええやん!うらやましい!」という会話が繰り広げられるのでしょう。うらやましいなぁ。うちの娘は、あるお友だちに「関ジャニ∞が好き」と言ったら「ププ(笑)なんで?」と返されて以来、東京では私以外に関ジャニ∞のことを話さないようにしているようです。悲しい…。

【その3】エイターさんのかばんとTシャツ

かばんとTシャツは、ファン歴を表す指標の一つだと私は思っています。

Tシャツは、もちろん今回のジャムのものを着ている方が圧倒的に多いですが、関ジャニズムやJUKE BOXのものを着ている方もすごく多かったです。中には今年のメトロックのTシャツを着ている方もいました。運良く参加できた方なのでしょうね。

そして、かばん。E×E魂のものを持っている方は珍しくなく、十祭、8UPPERS、各リサイタル、中には集合魂の時のものを持っている方もいました。

やはり大阪は、長く熱心に関ジャニ∞を応援しているエイターさんが多い土地だなぁと改めて思いました。

【その4】「チケット譲ってください」を持った人の多さ

前回の冬ツアーは360°ステージで元々の動員数が今回よりも多かったので、これも単純比較はできないことは前提です。

 

前回の東京公演でも、水道橋駅にチケットを求めて立っている方はいました。ですが、その数は大阪の方がはるかに多いと感じました。

JR大正駅、ドームまでの道のり、ドーム前駅、そのどこでもチケットを求める方がたくさん立っていました。その数、私がざっと見ただけで1日あたり30人は軽く超えていた印象です。大阪にファンが多い分、大阪公演が激戦でチケットを手に入れられなかった方が多かったのでしょうか。

最後に

普段東京以外のドーム公演に多ステするのが難しい私にとって、今回はイレギュラーな夏のドームツアーだったことで、関ジャニ∞のホームである大阪公演に参加でき、私にとって貴重な公演となりました。

 

ところで、私の座席の位置の問題だったのかもしれませんが、音の反響がかなりあり、私も娘も時折「うん?」と音を探しました。これはドーム公演特有の問題で京セラドームが特別音が悪いというわけでなく、特に今回はセトリの関係もあったのかもしれません。なかなか難しいのかもしれませんが、名古屋以降は少しでも改善されるといいなぁと願います。

 

これからツアーに参加される皆さん。

貴重な夏ライヴ、楽しんでくださいね!!