読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

友人との会話で気づいたこと・その2(横山さんのこと)

前回の記事で、友人との会話から錦戸さんのことで発見したことを書きました。 

na-mother.hatenablog.com

この中で、友人からもう1つ、私にとって印象に残った一言がありました。

それは、

「今の私の関ジャニ∞のイケメン枠はヨコ。

という言葉です。

友人の理由

友人曰く、

「最近のヨコ、めっちゃいい。この番組(関ジャム)もええけど、ヒルナンデスは最高。私の癒し。」

と言いました。

ヒルナンデスなら他の曜日でHey!Say!JUMPのメンバーも出てるし、ヨコと一緒にジャニーズWESTのメンバーも出てるよ?と私が言ったところ、

「知ってる知ってる。けど、私ら世代にはやっぱりヨコやわ。」

と返答しました。

横山さんはヒルナンデスでマストな存在

これも一視聴者にすぎない友人の、全く個人的な意見です。

しかし、私は自分がヒルナンデスでの横山さんを軽く見ていたことを反省しました。

昨年の村上さん卒業があったので今年の改編期をドキドキしながら迎えていましたが、少なくとも、私や友人などの「一部のアラフォー主婦の癒し」として、横山さんはしっかりその存在を確立していたのです。

私の心配は全くの杞憂でした。

だけどそれは未来永劫ではない

木曜の昼と夜になるとネガティブなワードが目に入りますが、私は昼も夜も楽しんでいます。

それは、私が昔をリアルタイムで見聞きしていなかったという理由が大きいと思います。

それとは別に、もう1つ理由があります。

それは、先輩と後輩が一緒に仕事をしている今が、おそらくそう長くは続かないと悲観しているからです。

 

かつてTOKIOKinKi Kidsは一緒に番組をしていました*1。同級生のようなKinKi Kidsと長瀬くん、KinKi Kidsを可愛がるTOKIOTOKIOに甘えるKinKi Kidsを観るのはとても楽しく、私は1回も欠かさず観ていました。

そんな私の楽しみだった番組は、半年で終了しました。その後、TOKIOKinKi Kidsは、それぞれの冠番組や個人の主演ドラマで忙しくなったためか、共演する機会は激減しました。

関ジャニ∞ジャニーズWESTもいずれはそうなっていくのかもしれないと私は思っています。

 

ですから、中間さんと桐山さんに先輩ヅラするヨコヒナ、あるいは先輩達に翻弄される中間さんや桐山さんを観たり聴いたりできる今は、後に貴重なものになっていくのかもしれず、記憶に留めておきたいな、という気持ちです。

楽しんだモン勝ちに決まってんだ

私のこのような考えは、長らく好きな時間を持てなかった反動だろうと思います。

 

私は、出産から娘が年長に上がるまでの約5年半、自分の好きなテレビをリアルタイムで観る時間が持てませんでした。美容院は年に2回しか行けなかったし、終業後娘を園に迎えに行った後、娘を病院に連れて行く日々が1年半続きました。子どもの病原菌は強力で、度々それにやられましたが、頼める人がいなかったので、40度の熱が出ながら子どもを園まで迎えに行ったり、医師から入院を勧められても頼み込んで自宅療養にしてもらっていました。娘にとってのアイドルはだいすけおにいさん*2とたくみおねえさん*3、そしてプリキュア*4。ごく近所でジャニーズアイドルがロケをしていても関心を向ける気力すら湧かず、セブンイレブンで大々的にイメージキャラクターを務める彼らを横目に見ながら、彼らのデビュー8周年を知ったことも覚えています。

今の時代、観たいテレビは録画できるので、いつでも観ようと思えば観られます。ですが、とにかく時間と気力がありませんでした。この頃流行っていたものは、子どもが関心を持ちそうなこと以外は今でもほとんど知りません。

 

残念ながら、特に女性の場合、自分のやりたいことができなくなる時期が来る方が多いです(但し、私のそれは長すぎた)。それは子育てかもしれないし、身内の介護や自分自身の体調不良かもしれません。もちろん、これはご主人や家族のサポートによるところが大きいので、全ての方がそうではありませんし、相手を見極める眼力が必要です(そういう意味で私は眼力がなかった)

 

アイドルを応援していると時に「なんで!?」と思ったり、悲しい情報に接したりすることがあると思いますが、

だけどリアルタイムに一喜一憂できること自体がとても幸せなことなんだと、今の私は思います。

意味は無ぇ 意味は無ぇ 意味は無ぇが

今がイイ 今がイイ 今を生きんだ

くだらねぇ くだらなくても良いんだ

楽しんだモン勝ちに決まってんだ

 

知っているのさ

最後があるのは

だからその前に壊れとけ!さあ!

これは関ジャニ∞の『FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN』で、時々私の頭の中をぐるぐる回る曲です。*5

この曲のように、一喜一憂できる今という時間を、時には何も考えずに思いっきり楽しんでみるのもアリかもしれません。

最後に、門前で癒されよう

先日、用があって渋谷に行ったついでにBunkamuraの下見に行きました。ジレッタのポスターが貼ってあったので写真を撮りましたが、光が入ってキレイに写らなかったので、リンクを貼ります。

友人に私が撮った写真を送ったら「ヨコ~♡♡♡」という返事でした。

よろしければ皆さんもこちらの横山さんを眺めながら癒されてください。

(顔もさることながら、指も美しい…惚)

www.bunkamura.co.jp

*1:Toki-kin急行 好きだよ!好きやねん

*2:Eテレおかあさんといっしょ』のうたのおにいさん。今年3月で卒業

*3:Eテレおかあさんといっしょ』のうたのおねえさん。昨年3月で卒業。

*4:但し、娘のおかげでプリキュア全シリーズを観てキャラクターを覚えるというオタク力も発揮された。

*5:楽曲制作者はRIP SLYME。彼らの曲をそれほど知っているわけではありませんが、一度聴くと頭からなかなか離れない曲が多いな、と思う。『雑念エンタテインメント』もそうだし、最近では『スポンジ・ボブのテーマ』が頭の中をグルグルすることが多い。