読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

初めてのイフオア(If or…Ⅸ)※一部若干のネタバレあり

この数週間、心身を著しく消耗する対応に追われていました。

人とお酒を呑みながら話す機会も多くありました。

だけど、私にとって一番効果のあった気持ちの切り替え方法は関ジャニ∞でした。

 

前々回のブログで書いたように、

五里霧中のときは『無責任ヒーロー』の

なるようになるって!

で力づけられました。

 

くじけそうになったときは『なぐりガキBEAT』の

言い訳と弱音をやめたら あとはドアを開けるだけ

に励まされました。

 

決戦を迎える前は『NOROSHI』の

保身 白い旗(フラッグ) 溢れる”仕方ない”

何が分かったと言うの?

他人(ひと)を笑う他人(ひと) 見え隠れコンプレックス

「君に何が守れるのかね?」

 

NOROSHI 眠れる獅子を起こせ 生き様は己の心一つ

両手に止まない風受けて 正夢の背中を追いかけろ

全身全霊 前進、誇り高く(踊れ踊れ 唄え唄え)

行くべき”未来”は そう、君の踏み出す”今”が拓く

 に背中を押されました。

 

彼らの音楽・声を耳から感じる。

それを自分が欲したとき、欲するままに摂取して、想像以上の力をもらえました。

完全に私の妄想ですけど、

大仕事を終えて彼らの歌を聴くと、

彼らが背中で手を添えてくれているよう感じたときがありました。

ある時は、横に立って肩をポンと叩いてくれたように感じたこともありました。

 

そして今日。

東京グローブ座で現在上演中の『If or…Ⅸ』昼公演にお邪魔させていただきました。

私にとって人生初のイフオアです。

 

※ここから先、一部ネタバレを含みますので、内容を知りたくない方はまたの機会にお読みいただけると嬉しいです※

 

最近は、他のブロガーさんの記事やツイッターを読むと気持ちが満たされ、記事を書き上げられないほど疲れ切った日々が続いていました。

正直なところ、イフオアのこともしばらく頭から抜けていたほどで、今週に入り手帳を確認して「あっ!」と思い出したほどでした。

そんな状態だったので、慌てて昨日今年初の美容院に行き、美容院に行くために化粧をしようとしたら、ファンデーションが全くないことに気づいて今朝慌てて買いに行き…と、女性としてひどい有様でした。

でも、昨日美容院に行ったら急に実感が湧いてきて、昨夜1時間以上もかけてネイルを塗り、ラインストーン*1まで施してしまいました(苦笑)まるでデートにでも行くかのように。そう、私にとってはデートに近い気持ちだったかもしれません(そのような気持ちになったのがあまりに遠い昔すぎて思い出せない自分が悲しい…)。

 

そんな風に朝からバタバタしていたので、東京グローブ座に到着したのは上演10分前。大急ぎでパンフレットを買い、トイレを済ませ、着席してまもなく舞台が始まりました。

 

しばらく放置するとLINEのメッセージが50件以上になっていた、このところの生活から離れ、スマホの電源を切り通信を遮断した1時間半余り。

たくさんたくさん笑わせていただきました。

途中「日々疲れている皆さんへ」との前書きで始まるコーナーが何回かあり、会場は爆笑に包まれていました。

だけど、いつも以上にメンタルがおかしくなっていた私は、その文字を見ただけで涙が溢れてきて、慌ててカバンからハンカチを取り出しました。そんな感情であの文字を、コーナーを見ていた人はごくわずかだと思いますが(苦笑)、やっぱり私は、関ジャニ∞の歌を聴いた時に背中や肩に感じた彼らからの応援と同じような、村上さんの優しさに触れた気がしました。

 

舞台が終わりグローブ座を出ると、外は眩しく空は一面青空でした。

そして、私の体と心にのしかかっていた重たいものは、いつの間にかグローブ座に置いてきてしまっていました。

それはきっと、たくさん笑って、時には涙し、好きな人を見て、すっかり癒されてしまったからなのだと思います。

 

実のところ、明後日くらいまで厄介なことは続くのですが、

全国のたくさんのeighterさんが村上担さんが、観たくても観られなかったイフオアを観られたのだから、これぞまさに私への最大のご褒美だし、厄介ごとも

なるようになるって!

と思えました。 

 

しゃべくり007のスタッフは一部夜ふかしのスタッフと被っているので、夜ふかし的なイジりがある可能性は高いけれど、

それでも、明日と明後日の厄介ごとを乗り越えれば、来週月曜の『深イイ』と『しゃべくり007』で横山さんと村上さんを観られる日が来るんだと、それを楽しみにこの2日間を乗り越えようと思います。

 

私のブログをメンバーや関係者が見ているはずもないのですが、

もし1つだけ何か伝えられるとしたら、

「いつも支えてくれてありがとう」

と伝えたいです。

そして、様々な苦悩や葛藤、精神的・身体的なつらさを抱えながら9年目のイフオアを続ける村上さんにも、イフオアで元気づけられている人が村上さんが思っている以上にたくさんたくさんいるということも伝わってほしいな、と思います。

 

*1:と言っても100円ショップのシール状のもの