なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

欲深きファン心理(私のこと)

今朝、嬉しいニュースが届きました。

横山さんが妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』で主演を務めることが明らかになりました↓

headlines.yahoo.co.jp

来年5月ということは、横山さんのお誕生日前後から舞台がスタートするのでしょうか?

来年1月には映画「破門」が公開になりますし、来年の上半期はお芝居をする横山さんをたくさん見られそうで、横山さんにとって36歳の年男は、まさに脂の乗った1年になりそうですね。

ちょっと不安なのは、ヒルナンデスはどうなるの…?ということなのですが、ブルームーンの時もヒルナンデスはあったし、きっとWESTのお2人が横山さんのロケの分をフォローして下さると信じて、前向き前向き!に考えるようにします。

 

舞台は東京が5月で、大阪が6月なんですね。チケット争奪戦は必至です。

横山担さんが優先されるべきであると心の中で言い聞かせている一方で、私も観に行きたいと思ってしまう欲深い私です…。

 

実は、私は既に5月に劇団☆新感線の「髑髏城の七人」を観に行くことが決定していて、時期が被りました↓

www.tbs.co.jp

ずっと観に行きたかった「髑髏城の七人」なうえ、ステージアラウンドって何!?体験したい!と思い、思い切ってチケットを申し込んだのです。

 

そんななか発表された横山さんの舞台。

1か月の間に2つも舞台を観に行くなんて贅沢すぎる。

でも、もし行けたら夢のような話じゃない?

…なんていうことを朝から延々と考え続けております(←チケットが発売されていないばかりか日程すら不明でそれもプレミアチケット確実なのに妄想が暴走している私)

 

ドームツアーに2回も行けるなんてとっても幸運なのに、

もう来年5月のことを考えてしまう私ってなんて欲深いんだろう。

今朝までそんなに意識していなかったのですけど、

心のどこかで丸山さんのマクベスを観に行けなかった後悔がくすぶっているような気がします。

ライヴDVDを観ても、それだけでは飽き足らずライヴ会場に足を運んで観に行きたくなるように、

テレビドラマや映画を観ても大興奮で楽しいんだけど、実際に劇場に足を運んで観劇するのはまた特別なんですよね。

 

それにしても、

2008年から毎年舞台をやっている村上さんに加え、

2014年は安田さん、

2015年は横山さん、

今年は丸山さん、

そして来年は横山さん。

毎年メンバーの誰かが舞台をやる関ジャニ∞ってすごいですね。

しかも、グループでレギュラー番組をやりつつ(しかも昨年からはグループで3本)、個人での番組もありつつ、冬のドームツアーと夏にもコンサートやりつつ、ですものね。

そうですね、それで「アルバム出ない(泣)」「関ジャムなんで5人なの(泣)」と泣き言を言ったら、それもまた欲深いですね。

人間に与えられた体は1つ、時間は24時間。

これは万人に等しく与えられているもの。

だから限界は絶対にあるし、アルバムを出さないことで、関ジャムがフルメンバーじゃないことで、こうやって個人の時間を使うことができる。個の力を培う時間ができる。

そういう風に考えるべきですね。

 

うーん、そうなるとやっぱり横山さんの舞台、観に行きたい!!