読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

嵐に「Are You Happy?」と聞かれたら「Yes!」と答えるよりほかない

先日宣言したとおり、現在専ら嵐の「Are You Happy?」をヘビロテ中です。

前回の「Japonism」が私的にとても素晴らしかったので、それを上回る作品になるのかな?と思ってましたが、杞憂でした。むしろとっても嵐らしくて中毒性があります。

このアルバムの良さは、はてなブログでもその他のSNSでも語られているので、非常にライトな嵐ファンの私のコメントは控えさせていただきますが、ご興味のある方はぜひアラシックさんの解説をお読みいただけたらと思います。

 

先週嵐が出演したミュージックステーションを観ました。

この日は「愛を叫べ」も披露すると知り「今更『愛を叫べ』…?そっか、アルバムに入ってるからか」なんて軽い気持ちで観たら、激しく後頭部を殴られたような衝撃でした。

既に発売から1年も経っているこの曲を、別のアレンジのパフォーマンスでまだまだ魅せられるのが嵐なのだと。

これを観て、私は決めました。

「しばらく関ジャニ∞の音楽から離れよう。」と。

嵐のニューアルバムを徹底的に楽しみたい。

コンサートを楽しむためにできる限りのことをしたい、と。

そういうパフォーマンスをたった一瞬で魅せた嵐に感服しました。

 

今年も残り2か月です。

この2か月の間に、私は嵐のコンサートに1回、関ジャニ∞のライヴに2回、KinKi Kidsのコンサートに1回参加できるという、かつてない幸運を手にしました。

一方で、これは、私の今後のジャニヲタ活動に大きな影響を及ぼすと確信しています。

 

残念ながら、その出鼻を挫いたのが大倉さんです。

3日連続も書いてしつこいこと極まりないのですが、今回の金曜日事件は、想像していた以上に私の大倉さんに対する見方に影響を及ぼしています。

大倉さんは思慮深く聡明な方だと思っていた一方、インスタ騒動などでリスク管理に対する考えが甘いと感じていました。

私の思い違いであってほしいと願っていたリスク管理の甘さが、今回の記事によって決定的になってしまいました。

写真が出た事実は変えられないので、次は大倉さんがどういう危機管理対策を講じるかという局面に変わっていますが、私としては、今回の「関ジャニ'sエイターテインメント」全14公演を大倉さんがどういうスタンスで臨み、どのようなパフォーマンスを見せ(魅せ)られるかに注目しています。

その意味で、ツイッターで見る限り大量のチケット交換もしくは譲渡情報が掲載されている札幌公演は、皮肉にも最も注目される公演となりそうです。

そして、私は、その札幌公演の次で第2及び第3公演にあたる東京1~2日目に入ることになります。

この公演も、平日にあたることから3~4日目と比べるとチケット交換もしくは譲渡情報が行き交うものになっており、おそらくめざましテレビの撮影が入らない公演になるでしょう。そういう気を抜きがちな公演で、大倉さんは、関ジャニ∞は、どのようなパフォーマンスを見せ(魅せ)てくれるでしょうか。

 

そして、関ジャニ∞の1週間後にはKinKi Kids公演があります。20周年記念公演であり、彼らのことですからクオリティは期待通りでしょう。

 

私が参加する各グループのコンサートに後輩グループをも加えると、これからがまさにジャニーズの各グループがコンサートを通じて熾烈なファン獲得競争に邁進する時期ともいえることから、今回の記事により、大倉さんのみならず関ジャニ∞というグループそのものが一気に正念場を迎える結果となったのではないでしょうか。

 

いずれにしても、私は「NOROSHI」発売まで関ジャニ∞の音楽から離れます。

関ジャニ'sエイターテインメント」という、「関ジャニ∞のエンターテインメントを見せたる!!」と言わんばかりのタイトルを引っ提げたツアーなのですから、先週嵐が魅せたパフォーマンスのように、私を後頭部から何度も殴りつけるくらいの内容を期待しています。