読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

大倉忠司さんに尾崎豊の話を聞いてみたい。

関ジャニ∞大倉さん スバラジ ANN大倉くんと高橋くん

昨夜のスバラジ&大倉くんと高橋くんは聴き応えがありました。

贅沢な悩みとはわかっていますが、どちらもリアルタイムで聴きたいのに…という葛藤を抱える毎週土曜日ですね。

 

スバラジ

突然「W浅野」なんてワードが出てきて吹き出さないアラフォーはいない!(はず)

「これに反応した人の年齢がわかる」というニュアンスの話、しっかり反応させていただきましたよ、すばるさん(苦笑)そりゃ若い人はわからないですよねー。

今や「トレンディ」という言葉に続くのは「エンジェル」でしょうけど、その時代は「ドラマ」でしたからね。石田純一さんがちらつきますねー。

でも、私はバブル世代ではないので、ドンピシャというわけではないのです。

 

ドンピシャなのは、どちらかというと今週の音楽として流されたYEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」、Coccoの「強く儚い者たち」です。

この2組、9/19のミュージックステーションウルトラフェスに出演していたので、もしかしたら昨夜の選曲にはこの番組の影響が大きかったのかもしれません。

この2曲は青春時代の思い出の曲で、私は今でも歌います。

そして、THE ROSEを深夜に聴くと心地良かったですね。

 

ANN大倉くんと高橋くん 

大倉さんと高橋優さんが今度番組で共演すると言っていましたね。

大倉さんが打合せしたと言っていたので、Mステのような音楽番組でなく、関ジャニ∞冠番組のような気がします。

私は、関ジャムかな、そうあってほしいなと願っています。

高橋優さんを深く掘り下げる企画で、その回は安田さんと大倉さんの出演はマスト、ジャムセッションは「象」でお願いします!(でもな~、新曲も良い曲だしな~)

 

大倉さんは日本酒を呑まないんですね。

確かに。大倉さんは生ビールのジョッキをグビグビ呑むイメージです(でもリサイタルHGTBの十一祭?ではお酒を呑んでいなかった、ですよね?)。

わたくしごとですが、最近まであまり日本酒を呑まないようにしていました。というのも、日本酒は1合でがっつり酔ってしまうほど弱いんです。

だけど、最近魚や蕎麦を食べる機会が結構ありまして、それらには日本酒が合うんですよね~。でもむくむのか。ただでさえむくんでいるのにそれは嫌だなぁ。大倉さん、良い情報をありがとうございます。

 

今週の尾崎

ところで、尾崎豊は大倉さんが7歳の年に亡くなっています。

少し前の大倉くんと高橋くんで、大倉さんはお父さんが歌っていて尾崎を知り、13歳頃からハマっていったと言っていたように記憶しています。やっぱりお父さん、若い…。

大倉さんの13歳というと、ジャニーズに入所して間もない時期ですね。

私は尾崎の知識がほとんどないに等しいので、的外れな感想でしたら申し訳ありません。

私は尾崎の曲を聴くと、尾崎の声やメロディは澄んでいるのに、社会、環境、自分自身等々、様々なものに対し、体の中に閉じ込めてしまっている『フラストレーション』のようなものを感じます。

もしかすると、大倉さんが入所し関ジャニ8に加入するまでの4~5年間、そして関ジャニ∞がデビューしてからも、そうしたフラストレーションに近い感情があったのかもしれません。

 

私はこの「今週の尾崎」のコーナーを、毎週とても楽しみにしています。

おそらく私が関ジャニ∞の中で『言葉』による影響を最も受けているのが、大倉さんです。

大倉さんがレンジャーで紡ぐ言葉、ラジオで発する何気ない言葉が、翌朝になってもずっと残っていて、何日もその言葉を反芻している時があります。

大倉さんが「今週の尾崎」で語る言葉には、自分たちの歌では伝えきれない秘めたメッセージや思いもあるように私は勝手に感じているので、しばらくは尾崎豊を通じて大倉さんの姿や思いを感じ取っていきたいな、だからもう少しだけ大倉忠義が見ている尾崎豊の世界を垣間見たいな、と思っています。

 

そして、来週の大倉くんと高橋くんでは、「今週の尾崎スペシャル」と題し、「お父さん・お母さんに尾崎の話を聞いてみた」というスペシャル企画を行うらしいのですが、

これ、大倉さんのお父さんに聞いてみたいわ…と思ったの、私だけでしょうか?

当たり前に120%無理なのは承知してますが、大倉忠義のお父様ですもの、きっと熱く、そして非常に分析された、尾崎豊の話をしてくれるに違いありませんね。

もし私が1つだけ大倉さんのお父さんに質問できるとしたら、

「ご長男が難しい年頃に差し掛かろうとしていた頃に尾崎豊の曲を歌ったのは偶然ですか?それとも何か秘めた思いがあったのですか?」

かな。

なんて妄想を膨らませてしまいました(←気持ち悪い)