読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

関ジャニ∞に関する嬉しい記事を読んで、

関ジャニ∞ わたくしごと 関ジャニ∞安田さん

今朝、阿蘇山の噴火を知りました。

ネットニュースで火山灰で街が覆われていて、熊本では停電も発生し、降雨によってヘドロ化しているとも書かれていました。

これ、東京に住む私には全然対岸の火事じゃないです。

下記は、富士山が噴火した場合に想定されることを簡単に紹介したものですが↓

www.nhk.or.jp

富士山が噴火した場合、関東平野全体にものすごい量の粒子の細かい火山灰が降るので、外にいた人の携帯電話は全く使えなくなるし、今回の熊本のように大規模な停電が発生して復旧のめどが立たなくなり、首都機能が完全に麻痺すると言われています。

今回熊本で発生していることをしっかり心に留めるため、ニュースを追っていきたいと思います。

 

さて、先日、このような記事を目にしました↓

headlines.yahoo.co.jp

この記者さんが取材したイベントに出席した者の1人として、この記事の内容をとても興味深く読みました。

 

まず、

「イベント開始前には舞台上のメンバーの立ち位置を示すテープまで写真撮影する熱気には驚かされた」

について。

 

そんなこと全然思いつきもしなかった私です…。

 

私は「娘が『イヤだー』とか『行きたくなーい』とか駄々をこねても、私はこの子をトイレに連れて行かねばならない!」ということしか考えてなかったので、このeighterさん達が写真撮影をしている間、娘を引っ張ってトイレに並び、「ふーっ。これで一安心。」としか思ってませんでした。

その手があったのか…。

 

次に、安田さんの行動について。

 

私は、この記事にある「真後ろのファン」ではないのですが、そこからさほど遠くない位置にいたのでその状況は目にしていました。

この記者さんが書いた通りで間違いないです。

そして、安田さんは誰に指示されたわけでも助言されたわけでもなく、自ら気づいて声を掛け、その周りの座席の人にもお願いをしていました。

 

最後に、一礼について。

私も見ました。

 

本来、この最後の位置は、リサイタルの最後の曲が終わった後にメンバーがはけていく時と同じように、村上さんがいるはずでした。

でも、この日の村上さんは、声優権を獲得してセンターだった。

全くの予定外で安田さんはメンバーの中で一番最後に会場を後にすることになったのです。

それでも、安田さんは、本来村上さんがする役割を、誰に頼まれたわけでも指示されたわけでもなく、ごく当たり前に深々と一礼して会場を後にしたのです。

 

これらが、私が下記の記事の安田さんの欄で「安田さんの姿を思い出すことが多い」と書いた理由です↓ 

na-mother.hatenablog.com

 

記者さんが最後に書いた「一期一会」。

私の娘の目にも心にも、あの日の関ジャニ∞はしっかりと刻まれていますよ。