読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

HAPPY BIRTHDAY DEAR 安田章大さん

安田章大さん、32歳の誕生日おめでとうございます!!

 

村マヨで村上さんが言った「関ジャニ∞を陰で支えているのは安田」という言葉。

関ジャニ∞が気になり、加速度的に好きな気持ちが増し、関ジャニ∞を知っていく過程で、その言葉の意味を日々噛み締めています。

 

私が関ジャニ∞の沼に落ちるきっかけとなった曲は「LIFE~」ですが、私の関ジャニ∞への興味を決定づけたのは「Dye D?」です。

私がこの曲をCDで初めて聴いたとき、(そんな実体験はないけれど)頭を鈍器で殴られたような衝撃を受けました。そして、作詞作曲が安田さんだと知った時、もう一度頭を鈍器で殴られた衝撃を受けました。

アイドルを全く感じさせない曲調の歌を歌えることの強み、他グループを凌駕するダンスのカッコよさ、そして何より、そんな曲が安田章大という関ジャニ∞のメンバーから生み出された楽曲であること。

関ジャニ∞にとって強靭な武器となる、大切な1曲を生み出してくれたことに感謝しきれません。

 

LIVE DVDのMC集では、どちらかといえば聞き手に回り、他のメンバーが喋るのをにこやかに聞いていることの多い安田さん。

関ジャニズムのMC集で、RAGEでの大倉さんの立ち位置の話から始まったオープニングのやり方のコントのとき、他のメンバーが「立ち止まれないくーらーい」と主旋律を歌っていたにもかかわらず、順番が回ってきた安田さんは、「アーーーーー」と自分のパートを歌い始めて、みんなからツッコまれていましたね。

それは、安田さんにしかできないボケであったと同時に、RAGEのイントロは安田さんの歌声がとてもアクセントとして重要であることを知ることができました。

 

私は、安田章大という人は、努力を惜しまず継続している人だと思っています。

安田さんがいなければ、関ジャニ∞の歌の幅は今よりもずっと狭いものだったでしょう。

しっかりとギターソロを決められる安田さんがいるからこそ、関ジャニ∞がバンド曲を演奏し続けることができているのでしょう。

ダンスに消極的なメンバーが多い中、それでもライヴでダンス曲にeighterさんの黄色い歓声が浴びせられるのは、安田さんのダンスが貢献しているからでしょう。

即泣きトライアルでトップに君臨しているのは、演技に対して真摯に取り組んできた賜物なのでしょう。

髪型も服装もネイルもスカートも、自分のこだわりであると同時に、どうしたら自分を演出できるか日々研究を重ねているからでしょう。

 

そんな安田さんの、努力し続ける姿勢は、これまでも今現在も他のメンバーにも良い作用を及ぼしているし、今後も刺激となっていってほしいと願っています。

特に、ダンスについては、他のメンバーは安田さんに追いつけ追い越せで頑張ってほしいです。

先ほどの「Dye D?」のように、安田さんから生み出された楽曲の良さを最大限に生かす方法の一つがダンスという場合もあると思います。これまでもそうであったように、安田さんが生み出したものを、他のメンバーもより大切にしてほしいです。

 

私は、関ジャニ∞のライヴに行くことを目標にしています。

そこには様々な理由があり、関ジャニ∞が表現するものを直接この目で見たいというのも理由の1つです。

そして、この目で直接安田さんを見たいという理由もあります。

ライヴでの安田さんの輝きは想像を上回るものがあると、何人もの方が書いていました。

私はDVDでもその輝きと才能に圧倒されましたが、直に見る安田さんはそこをも上回るのだと想像しています。

それがこの冬に実現すると信じています。

 

安田さんは幼い頃交通事故に遭い、生死をさまよった経験があるそうですね。

安田さんを懸命に救ってくれたお医者さん・看護師さん及び病院関係者の皆さん、本当にありがとうございます。

そんな安田さんを健やかに育ててくれたご家族にも感謝します。

安田章大がいなければ、関ジャニ∞はもっとつまらないグループになっていたかもしれません。

 

安田さん。

関ジャニ∞の活動の幅を、楽曲の幅を、こんなにも広がらせてくれてありがとう。

今年1年も体に気を付けて、貴方の道を進んでください。

応援しています。