なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

ジャニーズの先輩方のやり方を通じて、アイドルの結婚への覚悟を練習する。

金曜日に、TOKIOの山口くんが離婚を発表しました。

 

真相は当事者にしかわからないので、ただの私の邪推でしかありませんが、

私が初めて一報を知ったとき「ジャニーズアイドルの妻はとても大変だったんだろうな」と思いました。

話が逸れますが、市川海老蔵さんが妻小林麻央さんの件で記者会見を開いて「これ以上の取材は自粛してほしい」と自らお願いし、その後もブログを通じて何度も同様のお願いを繰り返しているのに、未だに自宅周辺でのパパラッチ行為が続いているようです。

このように、当事者自身が事実を明らかにしたうえで自粛を要請した件でさえも、マスコミはパパラッチ行為を続けるわけですから、スクープが上がれば売上が見込めるジャニーズアイドルに対しては、まさに365日24時間、いつでもどこでも常に監視されているのだろうと想像します。

これが自分だけならまだしも、子供と一緒にいるときも常にそのような目に晒され、子供の学校や幼稚園の関係者へ取材したり、ひどい場合は子供の送迎時あるいは運動会に勝手に潜入して写真を撮られたりすることもあったのではないかと想像します。

そのような日常を送っていれば、私なら精神的に追い詰められて心身に異常をきたしてしまうだろうと思いました。

ジャニーズアイドルとの結婚は、そういったことも含めた覚悟が必要だったと言われればそうなのかもしれませんが、結婚するときにその全ての覚悟ができている人はそう多くないのではないでしょうか。

 

長い前置きになりましたが、山口くんは36歳で結婚しています。

関ジャニ∞の年上組は今年35歳になりますから、そういう報告がいつあってもおかしくない年齢に差し掛かっています。

そこで今回は、先輩方の発表方法を通じて、そう遠くない将来にあるかもしれない、独身ジャニーズアイドルの結婚報告に備えたいと思います。

「そんな備えはしたくない!」「自担が結婚するなんてことは一生ない!」と考える方は、どうぞここでお引き返しください。

 

これまでのジャニーズアイドルの結婚発表のやり方は、5つに大別できると思います。

 

【その1】マスコミにスクープされ、記者会見で発表(例:キムタク)

キムタクは、ライヴ当日にスポーツ新聞にスクープされ、ライヴ終了後に記者会見で結婚を認めました。

つまり、ファンは最初にマスコミを通じて知り、ライヴに参加したファンにも直接は告げられず、マスコミを通じて本人が事実を認めたことを知った、というパターンです。

 

【その2】事務所を通じて公表し、ライヴで直接報告(例:山口くん)

以前から交際はスクープされていましたが、入籍を事務所を通じて公表し、同日のライヴで直接ファンに報告しました。

 

【その3】事務所を通じた公表のみ(例:風間くん)

本人からのコメントを添えて、事務所を通じて発表しました。

風間くんは当時30歳。関ジャニ∞の最年少よりも若い年齢でした。

 

【その4】ファンに会報を送って報告、その後自身の番組及び記者会見で発表(例:太一くん)

ファンが最初に結婚を知り、その後マスコミに自らの口で報告しました。

ファンへの会報作成段階で情報が洩れそうなものですが、事務所の圧力が大きかったのか、信頼関係が厚かったのでしょうか。

 

【その5】ライヴで直接報告、その後会報及び記者会見で発表(例:イノッチ)

ライヴに来ていたファンがマスコミへの会見前にライヴMCで結婚を知り、その後記者会見、さらに会報で直筆メッセージが届きました。

 

私自身はジャニーズアイドルの結婚に抵抗がないので、どんな方法で報告されても泣くとか文句を言うということはないと思っていますが、

個人的には、太一くんのやり方が最も波風立たないのかな、という印象です。

ジャニーズアイドルとしては、これまで自分を応援してきてくれたファンに直接伝えたいという誠実な気持ちをみんな持っていると思いますが、ライヴで報告となると間違いなく雰囲気は変わるし、その後楽しめない人がいることを考えると、一長一短なのかなと思います。

皆さんはどの方法にしてほしいと考えますか?

 

ジャニーズ30代アイドルの人数が年々多くなっていますので、ファン側にも覚悟が必要になっています。

その準備の参考になりましたら幸いです。