読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

すばるさんのアレは着脱可能?(7/24関ジャム)

関ジャム完全燃SHOW 関ジャニ∞錦戸さん 関ジャニ∞すばるさん

7/10・17と2週お休みだった関ジャム完全燃SHOW。

7/3のゲストは誰だったっけ?と思ったら、ドリカムの中村正人さんの回だったんですね。月日の経つのが早い!

幸いなことに、前回から今回までの間は、8日(金)のミュージックステーション出演や18日(月・祝)のFNSうたの夏まつりのおかげで、リアルタイムで関ジャニ∞を観る機会があり、それほどエイトさん不足にならずに済みました。

しかし、次の関ジャムは、またまた3週後の8/14だそうですね。

月曜から夜ふかしも8/22までないし、おそらく8/9(火)か8/16(火)のONもリオ五輪でなくなるだろうし、さすがにエイトさん不足になりそう…。

つまりこれは、この間に過去の関ジャニ∞作品を観ろということか?きっとそうだ!

と前向きに考え、最寄りの某レンタル店でやっていた1週間レンタル100円セールに乗っかり『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』を借りてきました。楽しみです。

 

前置きが長くなりましたが、7/24関ジャムについて書きます。

ネタバレを避けたい方はお気を付け下さい。

 

 

 

今回のゲストは平井堅さん。

アラフォーの私はドンピシャ世代です。「歌バカ」は今も持っています。

以前の関ジャムでの蔦谷好位置さんの『瞳を閉じて』の話も感銘を受けましたが、私は『楽園』を初めて聴いたとき衝撃が走ったし、『KISS OF LIFE』は確か江角マキコさんのドラマの主題歌だったと思うけど、ドラマは全然覚えてないのにこの曲だけやたらと覚えていたりします。カラオケでよく歌いました(私は高い歌声が出せないので男性ヴォーカリストの曲を歌うことが多いです)。

 

以前平井さんが何かの番組に出た時に、平井さんにはお姉さんがいて、学生時代のお姉さんは平井さんの顔におさげをつけた顔そのものだったそうで、お母さん以外の家族はみんな彫の深い同じ顔をしていると話していました。

家族の顔が似ているというエピソード、確か錦戸さんもそうでしたよね?彫の深い遺伝子って優性なんでしょうか?我が家は薄い顔の遺伝子が受け継がれていっていますが…。

 

そんな「ヒラインドケン」さんに、うちの「タイにいても違和感のないニシキ・ド・RYO」と「ロシアのYOKKO」を加えたインターナショナル風の純日本番組「関ジャム完全燃SHOW」は、今回も見応えのある回となりました(笑)

 

上述の蔦谷さんが解説した『瞳を閉じて』のブレスの話、やはり亀田誠治さんは意図してやっていたことがはっきりしましたね。

蔦谷さんの解説の後、どうしても気になり、久しぶりに椎名林檎の曲を聴いたのですが、やはり林檎さんの曲もそうでした。

すばるさんの好きな「ここでキスして。」はブレスから始まる曲と言ってもいいくらいですよね。

そして、「丸の内サディスティック」では、イントロの、

報酬は入社後平行線で

東京は愛せど何にも無い

という絶望的な歌詞の前に、短く速いブレスが入ってこの曲がスタートするのですが、それがこの歌詞に対する失望感を込めた溜息のようで、蔦谷さんのおっしゃるとおりブレスそのものが歌の表現の一つとなっているように聴こえました。

余談ですが、この「丸の内サディスティック」、私にとって東京に出てきてからものすごく沁みる曲となっています。それはまた別の機会に。

 

そして、話題のセッションですが、

まず関ジャムスタッフの先見の明はすごいと思います。

候補曲はたくさんありますよね。

個人的には「LOVE OR LUST」や「Strawberry Sex」なんかもセッション出来ると思うんですよ。

でもあえて「ソレデモシタイ」を、しかもバンドセッションで持ってくるというチャレンジ。

そしてそれに100%で応える関ジャニ∞

既に関ジャムスタッフと関ジャニ∞との間には固い信頼関係が構築されているのがこれではっきりしました。

それにしても、うちのメインボーカル2人ですよ。

持ち歌をあれだけ癖たっぷりで歌うのに、こんなに癖を消してハモリができるなんて、言ってないじゃないか!(Thank you クドカン

関ジャニ∞の未来の楽曲に新たな可能性を感じました。

 

そして、おそらく平井堅さんとドリカムの中村正人さんの回は同じ日に収録したのだと思いますが、2回連続ですばるさんは「肛門が取れそう」と。古田支配人に「よう取れるな!」とツッコまれてましたが、こうなると多分すばるさんのは取ったり付けたりできるんでしょうね(笑)

それにしても、「緊張」という言葉を他の表現で使いたいときは、(お食事中の方すみません)男性なら「ゲロ吐きそうになった」など、上からの表現をする人が多いと思うのですが、下の方を使って表現とは…すばるさんは本当に独特(笑)もちろん、そこがすばるさんの魅力ですけどね(Love is blind.)

 

次回の特集が待ちきれなくなった7/24関ジャムでした。