読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

ラジオ体操に参加してから「バッキバキ体操第二」への妄想が止まらない

先日、私の周りではお子さんをラジオ体操に参加させない方針のご家庭が多いことを記事にしました↓ 

na-mother.hatenablog.com

 

娘は今日から夏休みに入りましたので、ラジオ体操も始まりました(と言ってもたった一週間です)。

そして、昨夕には「明日からラジオ体操が始まるので是非参加してください。」という周知メールがきっちり届きました。

 

予想通り、割と懇意にしているご家庭のお子さんは誰一人参加していませんでした。

それどころか、児童の出席率は15~20%くらいでした。

つまり、やや飛躍しすぎかもしれませんが、この状態が続けば、将来的にはラジオ体操ができる若い世代は5人に1人にも満たない可能性があるということになります。

村上さん!あと10年くらい経つと、ラジオ体操は我が日本でみんなが踊れる体操じゃなくなりそうです!

 

そんなわけで、関ジャニ∞及び関ジャニ∞クロニクルのスタッフの皆さん、ラジオ体操を知っている世代がまだ大半である今のうちに、ぜひ「バッキバキ体操第二」を作ってしまってください!

 

ところで皆さん、最近ラジオ体操やりましたか?

私は、朝6時25分からEテレでやっている例の体操番組を、昨年までは毎朝リアルタイムで視聴し、レオタード姿の女性たちを真似ながら10分間体操に勤しんでおりました。

最近は朝が忙しいことを理由にサボり続けております(反省)。

 

しばらくやっていない方はぜひ思い出してください。

ラジオ体操は、第一に比べて第二の方が動きがダイナミックで、コミカルかつ意表を突くものが多いと思いませんか?

 

例えば、この動き↓

http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=128ceb118/EXP=1469172455;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUmRZSjVjR1BWbW85MEpMdlQxUXAtUzZSVV9BTnZPTmFnRDJiTlgzM2JHWjhqWXBqMTZDVGZWMlZ3BHADNDRPcDQ0SzQ0NEtxNUwyVDVwT041NnlzNUxxTQRwb3MDNARzZWMDc2h3BHNsawNyaQ--/**http%3a//xn--n8jtcug9751a.biz/wp-content/uploads/2.bmp

割としょっぱなに登場する、やってると何となく気恥ずかしくなる筋肉マッチョポーズ。

これを関ジャニ∞はどのようにアレンジしてくれるでしょうか。

いや、むしろここはこのままかもしれない。

まるで天を殴りつけるかのように、ものすごく力強く拳を上へ突き上げるような気がします(本来は引きの動作が肝要)。

 

次に、この動き↓

http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/csr/img/i_hlt_rdo_d2_06.gif

これが関ジャニ∞にかかれば、卑猥に見える動作に変化するように思えてなりません。

いや、私はむしろそれを期待しているのかもしれません(特にすばるさん)。

あるいは、第一では見られなかった、ペアでの体操をしてくる可能性もあります。

そうなると、もはやラジオ体操第二のオマージュではなくなってしまいますが…。

 

そして、下記の動きは、「バッキバキ体操第一」での『前にならえポーズ』の新バージョンとして更なる進化を遂げてくれそうです↓

http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/csr/img/i_hlt_rdo_d2_08.gif

 

…と、そんなことを考えているうちに、夏休み第一日目のラジオ体操は終了しました。

娘『なー』は初めてのラジオ体操でした。

「ラジオ体操、難しかった?」と聞くと、

娘は「いままででいちばんむずかしかった!」と答えました。

「バッキバキ体操と似てた?」と聞くと、

娘は「ううん、ぜんぜん。」と答えました。

「ラジオ体操とバッキバキ体操、どっちが難しい?」と聞くと、

娘は「ラジオたいそうだよ~。バッキバキたいそうはこうでしょ?」

と答えた後、「バッキバッキ~にバキリまくれ~♪」と歌いながらバッキバキ体操第一を始めました(笑)

 

私は、これからもラジオ体操が廃れることのないよう、明日からも娘をラジオ体操に連れて行き、

親子でeighterを目指す者として、今後もバッキバキ体操第一に励みたいと思います(笑)