なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

6/24関ジャニ∞クロニクル1時間SP

※以下「関ジャニ∞クロニクル1時間SP」のネタバレ含みます※

 

 

 

 

 

最初は「いきなりドッヂ」からスタート。

今回のいきなりドッヂは、スペシャルで放送されることが前提で収録されていました。

玄関にゲストを迎えに行くのは、レギュラー放送でも横山さんの役割ですが、これまでと違うのは、いつもは他のメンバーと同様横山さんもゲストが誰か知らされていません(あるいはそういう建前)が、今回横山さんは波瑠さんだと事前にわかっていたようでした。

ドラマの共演者ですし、知らないというのも何となく不自然ですし、今回はそうしたのでしょうか。

 

それにしても、波瑠さんはお忙しいですね。

朝の連ドラの撮影がまだ続いている頃にセカムズの番宣に出ていましたし、セカムズの撮影と新しいドラマの撮影を並行してやりながら、セカムズの最終回に向けての番宣と新ドラマの番宣のためのバラエティ収録にも参加していたし、普通に考えれば精神状態がおかしくなっても致し方ない超過密労働ですよね。

いきなりドッヂも仕事の1つですが、少しは楽しんでもらえたでしょうか。

 

今回の「いきなりドッヂ」を観ていて、私は錦戸さんが「波瑠ちゃん」って言うたびに、パパドルの優香ちゃんを思い出しました。確か錦戸さんは錦戸亮役で「はるちゃぁ~ん♡」と呼んでましたよね。いや、今回は装飾のない「はるちゃん」呼びだったはずですが、私の脳内では「はるちゃぁ~ん♡」と変換されていました。

 

次は「なのにさん」。

レギュラー放送と全く同じテイストでやっていましたね。

 

この「なのにさん」、制作側としては、eighterさん以外の層に関ジャニ∞のロケ力を楽しんでもらおうという意図でやっているのかな?と私は思っていますが(他に理由が思い浮かばない)、

そもそも関ジャニ∞ってジャニ勉の2/∞でロケをやっていて、番組が指定した場所以外のところにも果敢に入って撮影許可を自ら得て、面白い人や面白い場所を引き出しているので、若干内容がカブっているように思えるんですよね。

今回の赤羽は「ディープな街」という位置づけだったのかな?と思いますが、2/∞の方がよっぽどディープな街でロケしてますよね…。うーん。

決してすばるさん、錦戸さん、大倉さんのロケが面白くなかったと言ってるわけじゃないですからね!

 

バッキバキ体操は、今回フルヴァージョンが初お披露目ということで、ダンスより曲のパート割が気になって観てしまいました。

 

トレンディエンジェルの斉藤さんがゲストでしたが、私はこの人を「しゃべくり007の前説をやっていたお笑いコンビ」というイメージと、「KinKi Kidsの剛さんの歌マネが上手い芸人」というイメージが強すぎて、M-1以降のブレイクぶりにまだ頭が追い付いていません。

 

バッキバキ体操のMV、後半がめっちゃカッコよく見えたので、早く観たくなりました。クロニクルスタッフの思惑にハマっていますね(笑)

 

 

今回の関ジャニ∞クロニクルは、「1時間に拡張」した「全国放送」スペシャルでしたが、内容はレギュラー放送と変わりない、いつも通りの関ジャニ∞クロニクルでした。

私は、全国放送のスペシャルだからこそ、「これぞ関ジャニ∞クロニクル」という企画をこれでもかとぶつけてくると思いましたが、そうではなかったです。

ここに私は、制作側が本気でこの番組を全国放送にしようとしている意気込みを感じました。

 

金曜の23時は、裏番組に鑑みると、フジテレビが最も視聴率に苦戦している時間帯の1つに見えます。

しかも今回は、関ジャニ∞クロニクルの前半(いきなりドッヂ)がハリーポッターとカブっていました。

今回の視聴率はまだ明らかになっていませんが、あえてレギュラー放送と同じ内容にして、どの程度数字が取れたか調査したのでは、と私は勝手に思っています。

どの時間帯でも構わないので、できるだけ早く、全国の皆さんが同時刻に観られる番組になってほしいですね。