読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

「Do you agree?」が7/6リリースのシングルに入った理由を考えてみた

関ジャニ∞ 関ジャニ∞の曲

ついに7/6リリースの新曲の詳細が解禁されましたね。

 

私は内容を見て、関ジャニ∞、事務所及びインレコの「とにかくこのシングルを何が何でも売りたい」という意気込みを感じました。

もちろん今までのどの円盤も同じ思いでリリースしていただろうし、その努力をしていたことは間違いありません。しかし、このシングルには特に強い思いを感じました。

以下その理由を列挙します。

 

 

 1.多種売りで曲調がeighterさん好みであること。

今回の「罪と夏」は「アッパーなROCKチューン」と銘打っています。内容を聞くだけで関ジャニ∞らしいライヴで盛り上がるような曲になるだろうと想像できます。先日丸山さんが丸の大切な日で書いた爪の話や、レンジャーで錦戸さんが書いた「メイクして写真を撮った話」は、おそらく今回のシングルのジャケ写かどれかの曲のPVを撮ったのだろうと推定しています。

また、初回限定盤のAに収録される「噂のオトコマエイト!」は怒髪天さんが楽曲に携わっているので、もんじゃい・ビートやあおっぱなのようにeighterさんがライヴで盛り上がる曲になるのが明らかであるため、リサイタル参加を目指す方は絶対購入するでしょうし、Bの「エイトエイターOh!」はリサイタルだけでなく今後のライヴで歌うことになる可能性が高いのでeighterさんは絶対購入するでしょう。

したがって、既にeighterさんの2種買いが間違いない内容です。

 

 

2.ジャニーズ内での関ジャニ∞の置かれている状況が楽観視できないこと。

昨年のオリコン年間ランキングで、関ジャニ∞はキスマイに抜かれジャニーズ内での売上が3位となりました。これは、キスマイが多種売りを多用しているからだと言われており、それには賛同します。

一方で、私は昨年嵐、関ジャニ∞、キスマイが東京ドーム公演を開催しているときに東京ドームを訪れました。一番グッズ列の並びが激しかったのは明らかにキスマイでした。

これを娘のお友達のアラシックママさんに言うと、嵐は東京が最終公演だったから既に多くの人がグッズを購入済みだったのではないかという反論を頂きました。それも一理あります。ですが、私は率直にキスマイの勢いやファンの方の熱心さを感じました。

 

関ジャニ∞は来月元気魂の円盤をリリースしますが、完全受注生産である以上、これまでのような売上が見込めないことは明らかです。完全受注生産ということは、予約のあった分しか生産しないので、基本的にCDショップは店頭に在庫を抱えず(各店舗の判断で余分に仕入れることはあるかもしれませんが、そのような店舗は決して多くないでしょう)、これまでのように「リリースしてから買うかどうか決めよう」という層の人を取り込めないうえ、稼ぎ頭の大倉さんが不在のライヴがメインの映像となったことで、これまでコンスタントに購入していた一部の(緑)eighterさんが購入を見合わせているからです。

※上記の点、ご指摘をいただきましたので訂正いたします。正しくは「完全生産限定盤」です。内容は下記aiai1122さんのコメント欄が正しいものとなります。大変失礼いたしました※

 

今年も来月で半分過ぎたことになりますが、今年の上半期に関ジャニ∞がリリースする円盤は元気魂のみです。その円盤の売上が見込めない以上、必然的に7月リリースのシングルで売上を挽回しなければなりません。後ろを振り返ればすぐそこに後輩グループが迫っています。加えて自主レーベルである以上、今後の楽曲活動を考えると次のシングルで大きな利益を得て内部留保を増やしたいという思惑もあるでしょう。

 

 

3.売上枚数を確実に増やす手っ取り早い方法が未音源曲の音源化だった。

川田裕美さんがジャニ勉のゲストの回で関テレ内を歩き回っている時、かつて関ジャニ8が使っていたリハーサル室に入ったシーンがありました。川田さんの「どんな曲を練習したのですか?」との質問に安田さんが「Do you agree?」と答え、横山さんが「CD化されていない」と発言しました。これを観て一部のeighterさんが「今からでも音源化してほしい」とつぶやいていました。

この放送後の2月中旬、村上さんを除くエイトさんが渋谷のファミクラで目撃されました。あくまで想像ですが、これは元気魂の円盤化と今回の新曲の会議だったと思います。ここで、上述のeighterさんの意見が紹介されたのかもしれません。というのも、ここ最近関ジャニ∞はシングルで過去の曲を新録していますが、いずれも過去の音源があるものでした。

 

未音源曲の音源化は、多くの現eighterさんが喜ぶのと同時に、元eighterさんの購買意欲をそそり、ひいては出戻りeighterさんになってもらえる可能性もあります。現に既に元eighterさんが「今回は買う」とつぶやいているのを見かけました。 これは関ジャニ∞にとって重要なことです。結局のところ、新規ファンを獲得するよりも以前ファンだった人に再度ファンになってもらう方がハードルが低いのと、当時うら若き中高生だった元eighterさんが20代半ばくらいの年齢になって収入を得たので、かつて関ジャニ∞に投資した経験がある分お金をより使ってくれるからです。エイトさんがどう考えたのかは分かりませんが、事務所やインレコには旨みのある話です。

 

したがって、現役eighterさんはもちろん元eighterさんにも人気が高く、ライヴ向けである「Do you agree?」が選定されたのだと思います。そして、初回限定盤でなく通常盤に収録されることになったのは、初回を買い損ねてもいつでも今と昔の関ジャニ∞の曲に触れられるというメリットをアピールするための戦略だと思います。

 

なお、おそらく今度のリサイタルで「Do you agree?」は歌われるのでしょうが、京セラドームがジャンプ禁止である以上ドームツアーでは今後も披露されることはないでしょう。したがって「Do you agree?」の生歌を聴けるのは今年以降夏のリサイタルだけとなる可能性が高く、リサイタルが貴重な公演となっていくのかもしれません。

 

グダグダと御託を並べましたが、今回の新曲はとても楽しみです。今から予約に行ってきます。

 

余談ですが、「罪と夏」は冬真っ只中の紅白で歌えませんよね。歌うとすれば「バッキバキの新曲」の方でしょうか?別に紅白に照準を合わせなくてもいいのですが、紅白に出場しないとなると、それはそれで楽しみが減ってさみしく思います。

また、今回のシングルはタイアップあるのでしょうか?新たな良いお知らせがあるといいなぁと願っています。