なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

櫻井くんの夜会を観て、私が関ジャニ∞を好きになった理由に気付いた

私はレコメンが最優先なので、レコメンの裏番組である櫻井くんの夜会は録画で後日観ています。そのうえ、録画番組も関ジャニ∞を優先して観るので、夜会は結構溜まってしまっています。

こんな私なので、今更その話題!?な話なのですが、どうぞお許しください。

 

少し前に、夜会のゲストにMJが出た時の録画を観ました。

MJはアンジャッシュの渡部さんと築地でロケをしていたのですが、その中で「MJが初めて(自分の行きたい)お店に撮影許可の交渉をお願いしに行った」というくだりがありました。

そして、最近観た回では、Hey!Say!JUMPの山田くんがMJ同様築地にロケに行っていて、ここでも「山田くんが初めて(自分の行きたい)お店に撮影許可の交渉をお願いしに行った」というくだりがありました。

 

これを観て私は「関ジャニ∞は何年もジャニ勉でやってるんだけど…」と思いました。

そして、関ジャニ∞は冷遇されているから他のジャニーズアイドルがしないような仕事を恒常的にやっているということなのか、あるいはMJや山田くんが厚遇されているから今までそのような仕事をしなかったのか、一体どっちなんだろう、もしくは両方なのか…と考えさせられました。

 

これをしばらく考えていたら、私の中で一つ気づいたことがありました。

これこそが私が関ジャニ∞にはまってしまった理由の一つなんだな、と。

 

以前私は非常にライトな嵐ファンだと言いました。

娘が嵐と言い出したときに割と多くの映像作品を観たり音楽を聴きましたが、関ジャニ∞のようにどっぷりはまるところまではいきませんでした。その理由が今までよくわからなかったのです。

 

嵐がデビューしてからの苦労話は読みました。

だけど、どんなに苦労しても撮影許可の交渉をするような仕事はしたことがなかった、したくなかった、あるいはする必要がなかった。

彼らはやっぱりアイドルの王道を行っているんだな、と思います。

 

一方、関ジャニ∞はアイドルなのにタブーが少なすぎるグループです。

撮影許可の交渉も難なくこなすし、芸人がやるような罰ゲームも余裕でやります。

タブーがあるとすれば恋愛関係くらいでしょうか?

 

嵐やHey!Say!JUMPはアイドル=偶像を徹底的に突き詰めていこうとするグループ。

関ジャニ∞はアイドル=偶像の中に少しずつリアルを入れてしまうグループ。

この歳まで男性アイドルにそれほど興味を持たなかった私なので、王道アイドルよりも、関ジャニ∞の人間臭さとか人間らしさの部分に逆に惹かれていったのだろうなと思います。

どんな仕事でも求められれば応える努力をして、100%で返そうとする関ジャニ∞

これからも応援します。

 

エイトさんの番組を観るのはeighterを目指すうえで当たり前のことですが、他の番組を通じて関ジャニ∞を考えるのも勉強の一つなのかもしれませんね。