読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

5/1関ジャムを観て古田新太さんに痺れる

関ジャム完全燃SHOW

※以下ネタバレ含みます※

 

 

 

 

 

eighterの皆様、コンサート事務局からの封書は届きましたか?

我が家は今日到着したので、これからじっくり検討したいと思います。

 

昨夜の関ジャムゲストは[Alexandros]。

すばるさんが「同年代のバンドの人らと…」とおっしゃっていたので調べてみたら、年上組の1学年下、丸山さんの1学年上でまさに同年代なんですね。

ボーカルとコーラスの方は帰国子女で青学出身。確かに流れるような英語の歌詞のある歌なので、ボーカルとコーラスが共に英語堪能なことで世界観が作られていると感じました。

 

企画は恒例の「マイベストソング」で、なぜか高岡早紀さんがいました。

私は番宣要員だと思っていたのですが、確か結局番宣はされなかったような…。

あまりバラエティに出ない女優さんが番宣なく関ジャムに出演するなんて、よほど古田新太さんと仲がいいのか関ジャムがお好きなのか、少し意外でした。

 

今回の私のツボは、すばるさんが椎名林檎の「ここでキスして。」の中で「厭よ」を選んだ時、村上さんが「あなたらしいですよ」と実に嬉しそうだったところです。

この年上組のトライアングル、本当に面白い。

横山さんとすばるさんが隣で座っていて、そこにすばるさんを知り尽くしていますよと言わんばかりの言葉を切り込んでくる村上さん。愛情溢れすぎですよ(笑)

 

この曲は、ジュニア黄金期真っ只中で、すばるさん18歳の頃の1999年発売。もしかしたら当時林檎さんと音楽番組で共演したことがあったかもしれないですね。

椎名林檎は私の世代に大きな影響を与えたシンガーソングライターですから、すばるさんのポイントは共感します。

ただ、椎名林檎を歌いこなせる女性って相当歌が上手い人ですし、あの世界観を若くに理解するのは相当難しいとは思いますが…。それに17歳の女の子がエロいって男の妄想では…?17歳男子ならエロいかもしれないけど…。すばるさんと大倉さんは中二病発動してましたね(笑)

 

そして、安田さんがBESさんの歌を紹介して初めて安田さんのおばあちゃんがこの2年以内に亡くなられていたのを知りました。

関ジャニ∞が紅白に出場することをとても喜んでいたおばあちゃん。

一方で、関ジャニ∞が紅白に出場するほどの歌手になればなるほど仕事が忙しくなってなかなか会えなくなってしまったんでしょう。

優しい安田さんだからきっといろんな方法でおばあちゃんとコンタクトを取っていたと思うけど、一人の人間としての安田章大はそれでもたくさん後悔があって、たくさん泣いたんでしょうね。

 

そして、BESさんの歌詞を見て「父ちゃんちゃう?」とすぐにわかった古田新太さんはやはりすごい役者さんだなぁと思いました。

私は古田さんをドラマ「夢をかなえるゾウ」で魅かれましたが、昨夜の関ジャムで再度圧倒されました。そりゃ役者として重宝されますよね。

 

関ジャムのセッション前の企画については賛否両論ありますが、私は毎回興味深く観ています。

なぜなら関ジャムは、杉本哲太さんと古田新太さんという俳優と、関ジャニ∞というアイドルと、ゲストの音楽アーティストとが一堂に会する、いわば異種格闘技のようで、それら異なるジャンルの人たちが音楽のテーマを通じてそれぞれの意見をぶつけたり共感したり、まさに「音楽『トーク』番組」で、それが他のどの番組にもない良さだなぁと思うからです。

 

そして、昨夜のジャムセッションは、アイドルとロックバンドの試合のような演奏でした。

エイトさんが「疾走感」という言葉を使っていたように、私にはアイドルバンドとロックバンドが共に試合のように互いをぶつけ合い、演奏後は内容の濃い素晴らしい試合を観た後のような爽快感を感じて思わずニンマリしてしまいました。

この2つのバンドは今年はいろんな音楽番組で顔を合わせる機会が多くなるでしょうね。大晦日まで楽しみにしています!