なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

安田祭絶賛開催中!!(フラジャイル・スキャナー・関ジャム)

※以下、ネタバレ含みます。ご注意ください※

 

 

 

 

 

早くも今年が3ヶ月経とうとしていますが、

安田さんの勢いが止まりませんねー。

 

私はフラジャイルの原作を読んでいたので、安田さんが小早川を演じると聞いたとき、原作の小早川のイメージと安田さんが重なりませんでした。

そして、最後に亡くなってしまうという役柄なので、私が青色eighterさんなら泣きすぎてしばらく立ち直れないかも…と思いました。

そんな私の杞憂はあっさり打ちのめされ、俳優安田章大の名演技を世に知らしめる結果となりました。

 

そして昨夜、映画『スキャナー』の完成披露試写会。

この映画で野村萬斎さんや宮迫さんと出会えたことは、大事な資産となりましたね。

芸術的才能に溢れる安田さんですから、特に今後は野村萬斎さんの舞台を観に行かれたりして、今までとはまた違ったものをたくさん吸収されていくことと思います。

来月の公開がとても楽しみです。

 

そして、昨日の関ジャム。

歌いだしを聴いて、胸がきゅんと締め付けられました。

…安田さん、能ある鷹である貴方は爪を隠し過ぎです。

 

かつて村上さんに「器用貧乏」と言われた安田さん。

歌、楽器、演技、ダンス、スポーツ、絵、字、ビジュアル、ファッション、お笑いのセンス…

何においても85点以上を獲得する総合評価の高い安田さん。

関ジャニ∞じゃなければ、センターポジションに極めて近い場所にいるアイドルだったと思います。

だけど、関ジャニ∞スペシャリストの集まり。

圧倒的な歌唱力と表現力を持つ渋谷すばる

一瞬で女性を惹きつける魅力と甘いマスクを持つ錦戸亮

常に俯瞰でその場を見渡し、抜群な頭の回転の速さと仕切る能力を持つ村上信五

安田さんが85点を獲得しても、各分野で100点を叩き出すメンバーが関ジャニ∞にはいる。

 

私の勝手な推測ですが、

安田さんが8時だJのホノルルでのマラソン企画で2位になってもレギュラーに選ばれなかったことは、安田さんのジャニーズ人生の中で大きな出来事だったのではないかと思います。

多感な中学生で経験した社会の理不尽さ。

努力しても上へ行けない敗北感。

 

関ジャニ∞としてデビューし、かなりの人気を得た今でも、安田さんは積極的に前へ前へ出るタイプのようには見えません。

とてもまじめに誠実に、与えられた役割を全て85点以上でこなしています。

 

2016年、ようやく安田さん推しの時代がやってきました。

天才安田章大は、俳優としてフラジャイルとスキャナーに出演して爪痕を残し、

昨夜の関ジャム「さくら(独唱)」セッションによって、関ジャニ∞はメインボーカルの2人以外も歌唱力と魅力のあるボーカルが存在することを改めて世の中に示しました。

そして、昨夜の関ジャムではハモリの錦戸さんも秀逸!!

やはりヤンマーは声と息がぴったりで、どっちがメインでもハモリでも芸術的な歌を届けられることを証明しましたね。

 

関ジャニ∞の、今後の楽曲作りがますます楽しみです!!