読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

SMAP→キンキ→∞→WEST

KinKi Kids

昨日KinKi Kidsについて書きました。

 

na-mother.hatenablog.com

 

この機に、私が関ジャニ∞のメンバーを知ったきっかけを記したいと思います。

そのために、まずKinKi Kidsの話をさせてください。

 

私のKinKi Kidsの記憶は、お二人がグループ名を与えられる前に遡ります。

 

当時光一さんと剛さんは「キスした?SMAP」に出演していて、 クラスの女子は「光一派」か「剛派」に分かれていました。

放送後の学校では「おはよう」でなく「昨日『キスした?SMAP』観た?」から始まるのがお決まり。

SMAPの話はほとんど出ず(SMAPの皆さん及びファンの皆さんごめんなさい)、

「光一はどうだった」とか「剛が面白かった」とか感想を延々と話して、最後はみんなで「たよりにしてまっせ」を歌う、

それが私の青春時代の思い出の光景の1つです。

 

やがて二人がKinKi Kidsを結成し、「キスした?SMAP」が終了してKinKi Kidsの看板番組が始まり、私はそれらを観るようになりました。

…それ行けKinKi大冒険・大放送、堂本剛のDO-YA、ピカイチ、Toki-Kin急行 好きだよ!好きやねん、LOVE LOVEあいしてる、(新)堂本兄弟

 

私は、特に「堂本剛のDO-YA」や「ピカイチ」を通じて関西ジャニーズJr.を知るようになり、

時間が合えばKanjani KnightやSHOW-NEN Jといった関西ジャニーズJr.出演の番組を何となく観る、ごく一般的な関西女子学生あるあるの生活を送っていました。

 

ですから、「8時だJ」で横山さん・渋谷さん・村上さんの3名を観たときは「あ!あの子達!」と思ったし、

非常にライトな「西のすばる」派になったのは自然な流れでした。

 

その後もテレビや雑誌を通じて目にする彼らのことは何となく記憶の片隅にあり、

十数年を経て私が彼らに魅かれることとなったのは、

KinKi Kidsを通じて彼らを目にする機会が多くあったことが最大の理由です。

 

こうして自分の記憶を整理してみると、

私がKinKi Kidsを知ったのはSMAPの番組で、

KinKi Kidsの番組を通じて横山さん、渋谷さん、村上さんを知り、

それがあったから関ジャニ∞が自分の中にすっと入ってきたような気がします。

 

そう考えると、

今週のレコメン!で丸山さんが卒業するのは、

関ジャニ∞が昔諸先輩方から受け取ったバトンを渡す側の立場に昇格したことの証なのかな、と思いました。

もちろん、レコメン!は横山さんと村上さんが勝ち取った番組であり、

大事に守り続けてきた、eighterさんとの大切なコミュニケーションの場であることは知っています。

でも、事務所の意向に逆らえなかったのだろうし、

レコメン!を卒業することで座長として芝居と向き合う丸山さんを応援したいと思います。

もちろん、中間さんと桐山さんも。

 

長くなってしまいましたが、

明日のレコメン!に備えて今日の夜は早寝しようと思います!