読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーママふわ∞ポム日記

~関ジャニ∞を中心に、時折KinKi Kidsや嵐のことをふわふわと綴るブログ~

Endless SHOCKを観賞しました

KinKi Kids

この三連休に堂本光一さんの舞台Endless SHOCKを初めて観ました。

千秋楽前なのでネタバレは避けますが、

自分を省みるとてもいい機会をいただきました。

 

私はどちらかといえばミュージカルに興味のある方で、

劇団四季はメジャーな公演をそれぞれにつき複数回観に行っていますし、

旅行先のラスベガスではシルク・ドゥ・ソレイユを観賞しました。

ですから、ほんの少しミュージカルを知っているつもりでした。

 

今回私はあえて事前情報をほとんど仕入れませんでした。

それでも、テレビのニュースやネットで流れるこの舞台に関する情報は入ってきます。

どれも賞賛の嵐でした。

それでも、私の心の中には「堂本光一=ジャニーズタレント=ミュージカルの本職ではない」という考えが無意識にありました。

他のジャニーズのタレントも含めて、歌やダンスを間違ったり揃わない箇所があっても致し方ない、と。

結果、そんな私の愚かな考えが完全に打ちのめされることとなりました。

 

光一さんはこの舞台を21歳から16年間続けてらっしゃるとのことでした。

若干21歳から、ミュージカル界の目標である帝劇で毎年座長公演をやり続けている。

体力や肉体は加齢とともに衰えていくはずなのに、それを全く感じさせないパフォーマンス。

この公演を観るだけで、光一さんが努力を惜しまず、かつその努力を継続させていることを理解しました。

そして、屋良さんを筆頭に他のジャニーズ事務所所属の出演者も同様に、この舞台のためにものすごい練習を重ねていることもわかりました。

 

シルク・ドゥ・ソレイユのオーを観たときすごく衝撃を受けましたが、

光一さんのこのミュージカルはまさにSHOCKでした。

本当に素晴らしい舞台でした。

歌、踊り、照明、生演奏、舞台装置…、この舞台に関わる全ての人の呼吸と技術が合わさって非常に完成度の高いミュージカルを生み出しているのですね。

 

KinKi Kidsと私はほぼ同世代。

私の青春の1ページにKinKi Kidsはいて、今もそれは変わりません。

何より、私が現在関ジャニ∞として活動するメンバーを知るきっかけになったのがKinKi Kidsなのです。

この話の続きは、またの機会にします。